コラム|府中市晴見町で歯科をお探しの方はKデンタルクリニックまで

042-314-0122

診療時間
9:30〜13:00 14:00〜18:30
火曜日
9:30〜13:00 14:00~17:30
訪問診療に出ている場合があるため、
電話にてお問い合わせください
木曜日・土曜日
9:30〜13:00 14:00〜17:00
休診
日曜・祝日
  • 地図
  • メニュー

「オーラルフレイル」を正しく理解して健口な生活を

皆さんこんにちは。
府中市の歯医者「Kデンタルクリニック」 です。

 
お口の健康を長く保つために気をつけたいワード、「オーラルフレイル」
ご存知でしょうか? 健康寿命が延びてきている近年、意識してみてください。
 

オーラルフレイルとは

英語で「オーラル」は「口腔(お口)」、「フレイル」は「虚弱」という意味です。「オーラルフレイル」は「歯やお口の機能が衰えること」を指し、もっと広くいうと「口腔機能の衰えから全身の老化が始まる」という考えのことです。
加齢などが原因で噛む・飲み込む・話すなどの口腔機能が低下してしまうと、食生活に悪影響が出たり、うまく話せないことで周囲の人とコミュニケーションが取れずに社会的な関わりも減ってしまったりする可能性が出てきます。
最初のうちは「食事のときに軽くむせてしまう」「硬いものが噛みづらくなった」などの症状が見られます。そうすると、やわらかくて食べやすいものばかり食べるようになり、そのことで噛む筋力が衰えてさらに噛めなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。さらに、食欲の低下につながり、栄養がとれないことから全身の機能にも影響が及ぶと、要介護状態になってしまうことも考えられます。

 

オーラルフレイルチェックシート

自分にオーラルフレイルのリスクがあるか、下記の質問に答えてチェックしてみましょう。
①~③の質問は「はい」だったら+2点、④~⑤の質問は「はい」だったら+1点、⑥~⑧の質問は「いいえ」だったら+1点で、合計点を出してください。
 
①義歯を使っている           はい →+2点  いいえ
②6ヶ月前よりも、硬いものが食べづらい はい →+2点  いいえ
③飲み物や汁物でむせやすくなった    はい →+2点  いいえ
④6ヶ月前よりも、外出が少なくなった  はい →+1点  いいえ
⑤歯を磨く回数は、1日2回以上だ    はい   いいえ →+1点
⑥歯科医院に行く頻度は、1年に1回以上だ  はい  いいえ →+1点
⑦噛み応えのものが食べられる    はい   いいえ →+1点
 
合計点が…
0~2点の場合、オーラルフレイルの「危険性は低い」
3点の場合、オーラルフレイルの「危険性がある」
4点以上の場合、オーラルフレイルの「危険性が高い」
 
オーラルフレイルは、お口の中を清潔に保ち、口腔機能の維持と改善をめざすことによって防ぐことができます。さらに、歯科医院で検診を受け、定期的にお口の状態を把握することも大切です。
 

オーラルフレイルの予防・改善

噛む・飲み込むなどの機能を維持するためには、お口周辺の筋肉を使ったトレーニングが効果的です。話すときの滑舌が改善されることも期待できます。
「ア」を発音するように大きくお口を開けてから、「ン」を発音するように力を入れてお口を閉じて奥歯を噛みしめ、舌を上あごにくっつけるようにしてみましょう。これを繰り返すと、お口と舌のストレッチになります。
また、唾液の量を増やすことも、オーラルフレイルを予防することにつながります。耳の前あたりの、上の奥歯付近にある「耳下腺」を指でくるくる回すように刺激してみましょう。また、首の付け根あたりの、顎の骨の内側にある「顎下腺」を両手の指で押してみたり、顎の骨の先端あたりにある「舌下腺」を親指で押すと、唾液の分泌を促進できます。

 

まとめ

お口の健康は、全身の健康と深くつながっています。府中にある「Kデンタルクリニック」では、定期的な歯科検診でオーラルフレイルを予防するサポートを行っています。お気軽にご相談ください。