コラム|府中市晴見町で歯科をお探しの方はKデンタルクリニックまで

042-314-0122

診療時間
9:30〜13:00 14:00〜18:30
火曜日
9:30〜13:00 14:00~17:30
訪問診療に出ている場合があるため、
電話にてお問い合わせください
木曜日・土曜日
9:30〜13:00 14:00〜17:00
休診
日曜・祝日
  • 地図
  • メニュー

矯正治療の「後戻り」って?せっかくの治療がふりだしに…?

皆さんこんにちは。
府中市の歯医者「Kデンタルクリニック」 です。

 
歯の矯正治療で気をつけたいことの1つに、「後戻り」があります。あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、満足のいく矯正治療にするためにご説明します。
 

矯正治療の「後戻り」とは

矯正治療を終えて、しばらくするとまた歯並びが悪くなってしまうことを「後戻り」といいます。治療で動かした歯は、元に戻ろうとする力がはたらいたり、ほかの要因によってまた動いてしまったりすることがあります。
後戻りをしてしまうと、せっかく矯正治療をしたのに再矯正をすることになりかねません。その場合は1回目の治療期間よりも短く済むことが多いですが、そうならないためにも、後戻りをしないような処置をすることが大切です。

 

「後戻り」しないために

矯正治療によって歯が理想的な場所に動いた後、後戻りをしないために「リテーナー」という装置をつけて「保定」を行います。このリテーナーを適切に装着しないと、後戻りが起きやすくなります。ほかにも、自己判断で矯正治療をやめてしまうなど矯正治療が十分にできていなかったり、歯並びを再び悪くするような口呼吸や歯ぎしりなどをすると、後戻りをしてしまう可能性があります。また、矯正治療が終わった後に親知らずが生えると、歯並びの乱れにつながることがあります。
府中にある「Kデンタルクリニック」では、矯正治療前にしっかりと検査を行ってお口の状態を確認し、後戻りが起きるリスクを把握して対応できるように準備します。また、後戻りを防ぐために保定とメンテナンスをしっかりサポートします。
 

よくある質問

Q. 保定に必要な期間はどれくらいですか?
A. 矯正治療にかかった期間に、6ヶ月プラスした期間が目安です。保定装置を1日20時間以上装着し、少しずつ装着時間を減らして歯の位置を安定させます。矯正治療の直後は、歯が動きやすい状態にあるのできちんと保定することが重要です。しっかりと保定ができれば後戻りが起こることはほぼありません。

 
Q. 保定に使うリテーナーのお手入れは、どのようにすればいいですか?
A. リテーナーには、固定するタイプと取り外しができるタイプがあります。固定するタイプの場合、歯科医師や歯科衛生士がお伝えする通りに、丁寧に歯磨きをしてください。取り外しができるタイプの場合は、外して専用の洗浄剤とブラシで洗ってください。
 
Q. 1日だけリテーナーをつけ忘れてしまいました。すぐに後戻りしてしまいますか?
A. 通常、数日くらいならリテーナーをつけ忘れた程度で、後戻りが起こることはありません。ただし、何週間もリテーナーをつけなかったり、ほかに歯が大きく動くような要因が関係していたりすると、後戻りをする可能性が高まります。旅行などにもリテーナーを忘れずに持参し、保定を習慣づけるようにしましょう。

 

まとめ

矯正治療は歯を少しずつ動かすので、ほかの歯の治療よりも時間がかかります。理想的な歯並びになったら、後戻りをしないためにも保定までしっかりと行いましょう。
府中にある「Kデンタルクリニック」では、お子さんから大人の方まで矯正治療のスタートから保定、メンテナンスまでサポートいたします。