コラム|府中市晴見町で歯科をお探しの方はKデンタルクリニックまで

042-314-0122

診療時間
9:30〜13:00 14:30〜19:00
土曜日
9:30〜13:00 14:00〜17:00
木曜午後
お電話にてお問い合わせください
休診
日曜・祝日
  • 地図
  • メニュー

80歳で20本歯を残そう!「8020運動」

皆さんこんにちは。
府中市の歯医者「Kデンタルクリニック」 です。

 
皆さんは「8020運動」をご存知ですか?本日は「8020運動」についてお話ししたいと思います。
 

8020運動とは

「8020(はちまるにいまる)運動」とは、「80歳になっても20本の歯を保とう」という運動のことで、1989年に当時の厚生省と日本歯科医師会によって提唱されました。20本の歯が残っていれば硬い食品もほぼ満足に噛めるというデータをもとに、生涯を通して自分の歯で噛んで生活することを目標としています。
近年の歯科医療ではむし歯が進行してしまっても、根の部分が残っていれば、さまざまな治療によって噛む機能を回復させることができます。抜歯しなければいけなくなる前に、適切な予防と治療を行い、健康なお口をめざしましょう。

 

あなたの歯は今何本?

親知らずを除くと、お口の中には通常28本の歯が生えています。
ある調査によると、40代の人で平均1本の歯を失っているという結果があります。ほかの年代では、50代で平均3本、60代で平均6本、70代で平均11本、80代になると平均17本の歯を失っています。この結果では、40代から歯を失ってしまい、70代ですでに満足して噛める歯の本数である20本を下回っています。
歯がないということは、食事のときに硬い食品が食べられないなど、制限ができてしまいます。そうすると食事の楽しさも半減し、噛めなくなることが原因で全身の健康にも影響が及んでしまうかもしれません。
歯を失ってしまう大きな原因は、むし歯と歯周病です。歯周病は、気づくと複数の歯を失ってしまうことにもなるため、特に注意が必要です。
 

「噛む」こと、「噛める」ことの大切さ

最近は食品の加工技術が進化し、噛み応えのあるものが少なくなってきています。「噛まなくても食べられるならいいじゃないか」と考える方もいるかもしれません。
しかし、噛むことは唾液の分泌を促進し、消化を助けるので胃腸への負担が軽くなります。唾液の中には抗がん作用のある「バロチン」という成分があり、全身の健康にもよい影響があると期待されています。さらに、たくさん噛むと満腹感を感じやすくなるため、食べすぎなくて済み、肥満を予防につながります。
また、噛むことは脳にも刺激を与えるので、発達を促したり、認知症の予防に役立つともいわれています。
よく噛むためには、健康な歯とお口であることが大切です。むし歯や歯周病は早めに治療し、入れ歯などは調整して快適に使えるようにしましょう。

 

まとめ

「8020運動」のために、府中にある「Kデンタルクリニック」ではお口が健康な状態からの定期検診をオススメしています。少しの変化でも気づきやすく、むし歯や歯周病が軽度なうちに治療をすることでご自身の歯を守ります。