コラム|府中市晴見町で歯科をお探しの方はKデンタルクリニックまで

042-314-0122

診療時間
9:30〜13:00 14:30〜19:00
土曜日
9:30〜13:00 14:00〜17:00
火曜午前
木曜午後
お電話にてお問い合わせください
休診
日曜・祝日
  • 地図
  • メニュー

予防に1番大切なのは適切なブラッシング!

皆さんこんにちは。
府中市の歯医者「Kデンタルクリニック」 です。

 
本日は「歯周病」の予防についてお話ししたいと思います。
 

歯周病はもはや国民病

歯周病は、お口の中が歯周病菌によって感染してしまうと起こる病気です。自覚症状が少なく、歯ぐきの炎症である「歯肉炎」から始まって、進行すると歯を支えている歯槽骨などの歯周組織にも炎症が広がる「歯周炎」になります。さらに進行すると、歯が支えられなくなってグラついてしまい、最悪の場合は抜歯するしか選択肢がなくなります。これがお口全体になると、手のほどこしようがないほどにお口の状態が崩壊してしまうこともあります。
30代の日本人の約8割が歯周病にかかっているともいわれ、近年では10代にも広がっているという報告もあります。歯が抜けてしまう原因の上位が歯周病ということもあり、「国民病」といっても過言ではありません。

 

正しいブラッシングをおさらい

歯周病を予防するためには、ご自宅で行う歯磨きなどのセルフケアが重要です。毎日の歯磨きがきちんとできていないと、歯周病の発症と進行につながります。
歯と歯ぐきの間にある溝は「歯周ポケット」とよばれ、歯周病菌が潜む歯垢がたまりやすい場所です。ここの汚れをきれいに取り除くことを意識しましょう。
まず、鉛筆を持つように歯ブラシを持ち、歯ぐきに対して毛先を45°くらいの角度であてます。力を入れすぎないように気をつけながら、1本ずつ5mmくらいの幅で細かく動かして磨きます。歯ブラシは、歯周ポケットの奥まで届くような毛先の細いものがオススメです。
歯周ポケットの部分に歯ブラシがあたっているか、鏡で確認しながらブラッシングをするのもいいでしょう。
ブラッシングに適したタイミングは、夜の就寝前です。寝ている間は唾液の分泌が少なくなるので、歯周病菌が増殖しやすい環境になってしまいます。その前に、お口の中をきれいにしておく必要があります。歯磨きをした後に何か食べてしまうと菌の増殖を促してしまうので、ブラッシング後は飲食をせずにお口がきれいなまま寝ましょう。
 

定期的な歯科検診も重要です

毎日の歯磨きは、歯周病の予防にとても大切です。しかし、それだけではどうしても磨き残しが出てしまい、歯周病菌が増えてしまいます。お口の中を徹底的にきれいにするためには、プロである歯科医院で定期的なチェックとクリーニングがオススメです。
「Kデンタルクリニック」では、お口の中や歯周ポケットの深さを確認し、出血があるかなども見ながら歯周病の有無や進行度合いをチェックします。ほかにもむし歯の有無、歯垢や歯石の除去などを行い、お口の健康を保つためのお手伝いをいたします。
お口の状態にもよりますが、3ヶ月に1回を目安に定期検診に来ていただくと、何か異常があったときの早期発見・早期治療につなげることができます。

 

まとめ

「Kデンタルクリニック」では、染め出しによる磨き残しのチェックや、お一人一人に適したブラッシングの指導も行います。府中駅エリアの皆さんは、お気軽にご相談ください。