コラム|府中市晴見町で歯科をお探しの方はKデンタルクリニックまで

042-314-0122

診療時間
9:30〜13:00 14:30〜19:00
土曜日
9:30〜13:00 14:00〜17:00
火曜午前
木曜午後
お電話にてお問い合わせください
休診
日曜・祝日
  • 地図
  • メニュー

妊婦さん必見。女性ホルモンと歯周病の関係

皆さんこんにちは。
府中市の歯医者「Kデンタルクリニック」 です。

 
本日は歯周病が、妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんへも深く関係していることをご説明いたします。
 

妊婦さんは特に気を付けたい「歯周病」

全身の病気と深く関係している歯周病。特に妊娠されている方は、注意が必要です。妊婦さんが歯周病にかかってしまうと、歯周病菌が作り出す炎症物質が血管に侵入し、胎盤に達すると子宮を収縮させてしまう可能性があります。すると、お腹の赤ちゃんが子宮の下の方に押されてしまい、早産や低体重児のリスクが高くなるのです。
健康な妊婦さんに比べて、歯周病にかかってしまった妊婦さんは早産・低体重児のリスクが7倍にもなるという調査結果があります。
お腹の赤ちゃんのためにも、妊婦さんは歯周病にならないようにお口のケアをしましょう。

 

妊婦さんが歯周病になりやすい理由

女性が妊娠すると、女性ホルモンの分泌が増えて身体にさまざまな変化が起こります。
ホルモンの中でも「エストロゲン」という女性ホルモンが活発になることで歯周病菌も増えてしまい、歯周病にかかりやすくなります。さらに、唾液の分泌量も変化して減少してしまい、細菌を洗い流すという唾液のはたらきが弱くなってしまうことも歯周病のリスクを上げています。
また、つわりのある時期は、歯磨き剤のにおいなどに過敏になり、歯磨きなどのケアが不十分になることがあります。歯ブラシをお口に入れると、吐き気をもよおすという方もいます。そうすると、お口の中で細菌の繁殖や活動が活発になってしまいます。
 

妊婦さんがご自宅でできるケア

歯磨きがつらいときは、水だけでもいいので、うがいをしてお口の中を洗いましょう。もしできるならマウスウォッシュを使うと、よりお口の中をきれいにできます。妊娠中はマウスウォッシュの成分が気になるかもしれませんが、国内で販売されている製品は胎児に影響が出るものは含まれていないので、ご安心ください。
歯磨き剤のにおいなどで体調が悪くなってしまう場合、歯ブラシが使えるならばブラッシングだけ行いましょう。ヘッドの小さいものを選ぶと、お口に入れたときの吐き気が起こりにくくなるのでオススメです。
このほか、ガムを噛んで唾液の分泌を促すことも歯周病の予防に役立ちます。唾液は細菌を洗い流してくれるはたらきがあります。キシリトール入りのガムを噛むと、むし歯の予防にもつながります

 

まとめ

府中にある「Kデンタルクリニック」は、院長をはじめスタッフ全員が女性です。妊婦さんのお気持ちに寄り添った診療を心がけています。お口のことでお困りのことがあれば、なんでもご相談ください。